これはエロい!官能的なシーンが満載の映画ランキング22選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これはエロい!官能的なシーンが満載の映画ランキング22選

これはエロい!官能的なシーンが満載の映画ランキング22選

レンタルショップの棚にはDVDやBlu-rayが所狭しと並び、動画配信サービスも内容が充実していく昨今「どれを観ればいいのか?」という悩みも増えています。 特に、エロい、官能的な映画はパッと見ではわかりませんよね。そんなあなたにオススメの映画をたっぷり22本、ご紹介していきます。

目次

エロいシーンが満載のおすすめ映画:ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2

幼い頃から自分の性器を意識し、15歳の初体験を皮切りに、セックスに塗れた生活を送って来たジョー。彼女は自らを色情狂〈ニンフォマニアック〉と呼び、そんな自分とセックスとは切り離せない人生を、徹底的に楽しんできました。シャルロット・ゲンズブール扮するジョーの性と愛に関する人生の物語を、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』で知られるラース・フォン・トリアー監督が鋭く描いています。

作中で、ジョーはセクシーな服装で電車に乗り込み、多くの男を誘惑してセックスできるかというゲームをします。そのスリリングな遊びが驚く程エロく描写されており、映画を観ているうちに、あなたもジョーと行きずりのセックスをしている気分になってしまうかもしれません。

■国:デンマーク・ドイツ・フランス・ベルギー・イギリス

■作品公開時期:2013年

■監督:ラース・フォン・トリアー

■主演:シャルロット・ゲンズブール

■amazonリンク:ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング2位:ナインハーフ

バツ1女性と、ウォール街のエリート男性が、倒錯した愛と性に溺れて行く作品のこちら。エリート男性のジョン・グレイは謎の男としてバツ1のエリザベスの前に姿を現します。性の相性は抜群でも表立った交際はせず、また、普通のセックスでは満足できずにアブノーマルな性行為にふける2人の9週間半の物語です。

エリザベスがどうしてジョンに惹かれ、どう心境が変化していくのかが細やかに描かれています。AVでは得られない説得力と、アブノーマルなプレイの数々がエロい上に、映画を観た充実感も満たしてくれました。ジョンの手で変わって行くエリザベスから目が離せません!

■国:アメリカ

■作品公開時期:1986年

■監督:エイドリアン・ライン

■主演:ミッキー・ローク
   :キム・ベイシンガー

■amazonリンク:ナインハーフ

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング3位:ドリーマーズ

68年のパリ、映画の資料館が閉鎖された事への抗議デモで、主人公・マシューと、双子のイザベルとテオは出会い、親しくなっていきます。双子とマシューはトントン拍子で3人で暮らす事になるのですが、3人で暮らすうちに、セックスに歯止めが利かなくなっていきます。

社会運動と若者3人を描いた作品なのですが、物語の大部分にセックスが絡んできます。美しい男女の双子とマシューは、ゲームの延長線上でオナニーを見せたり、近親相姦のような事をしたりと、どんどん堕落していきます。主人公3人がとにかく美形なので、エロいシーンの濃厚さも味として受け取れます。

■国:イギリス・フランス・イタリア

■作品公開時期:2003年

■監督:ベルナルド・ベルトルッチ

■主演:マイケル・ピット
   :エヴァ・グリーン

■amazonリンク:ドリーマーズ

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング4位:セクレタリー

ストレスを感じると自分を傷つけてしまう主人公、リー。彼女は冴えない女性でしたが、自分を変えるために学校に通い、就職活動をします。そして就職した弁護士事務所で上司であるグレイと出会い、彼との日々の中で美しく、そして新しい性癖を目覚めさせて変わっていきます。

舞台は職場、そこでSMへと目覚めて行く主人公と、彼女をMにしてしまう上司のラブストーリーです。すれ違いながらも、言葉にしなくとも性癖が噛み合った二人が、オフィスで耽るエロい行為……いけない事をしている感覚が、より官能を刺激してくれます!

■国:アメリカ

■作品公開時期:2002年

■監督:スティーヴン・シャインバーグ

■主演:ジェームズ・スペイダー
   :マギー・ギレンホール

■amazonリンク:セクレタリー

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング5位:フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

近年のエロい映画と言うならば、この作品の名前をあげる人は多いのではないでしょうか。若くイケメンな大金持ちのグレイと、純粋な少女アナの歪んだラブストーリーです。異常な性癖が物語の鍵になり、激しい性行為が多く含まれています。

アナが先に夢中になったために、性癖という壁を悩みながらも超えてしまいます。そして、グレイはアナを大切に扱います。そんな2人の感情や考え方の行き違いが、なんとも切なく訴えかけてきます。だからこそ、2人の激しいSMプレイがただのSMを観るより興奮させてくれるのでしょう。

■国:アメリカ

■作品公開時期:2015年

■監督:サム・テイラー=ジョンソン

■主演:ダコタ・ジョンソン
   :ジェイミー・ドーナン

■amazonリンク:フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング6位:バッドエデュケーション

男女の愛ではなく、同性愛をメインに据えた、男と男の複雑な愛の物語です。セックスシーンには遠慮がなく、たまらなく官能的で迫力があります。そして、男同士の愛の関係は複雑に絡み合い、劇中劇を交えながら衝撃的なラストまで一気に魅せてくれる映画です。

男性同士はどうしても受け付けない、という人にはオススメできませんが、ドラァグクイーンが男性に跨って腰を振るシーンのリアリティはエロい以外に言い様がありません。男と愛と性を全面に出し、観る人の欲望をガンガン刺激してきます。

■国:スペイン

■作品公開時期:2004年

■監督:ペドロ・アルモドバル

■主演:ガエル・ガルシア・ベルナル
   :フェレ・マルティネス

■amazonリンク:バッド・エデュケーション

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング7位:アデル、ブルーは熱い色

5分以上の女性同士の同性愛を描いたシーンがある事でも当時話題になり、それだけではなく、第66回のカンヌ国際映画祭で高い評価を受け、パルムドール(最高賞)が監督だけでなく、主演女優の2人にも送られた傑作です。また、今流行りのコミック原作(フランスの漫画です)なので、今一度観直してみても話題になるかもしれませんよ。

女性同士のセックスシーンには賛否両論がありましたが、エロさは折り紙つきです!作品としても、よくある題材ではある愛を元に、細やかに作り込まれていて満足感が高いです。一度観るだけではなく、何度も味わううちに、官能をどんどん刺激される事間違いなしでしょう。

■国:フランス

■作品公開時期:2013年

■監督:アブデラティフ・ケシシュ

■主演:アデル・エグザルホプロス
   :レア・セドゥ

■amazonリンク:アデル、ブルーは熱い色

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング8位:ハモンハモン

ペネロペ・クルスの初主演作であり、問題作のこの映画。登場人物はさほど多くなく、シルヴィアと婚約者のホセ、シルヴィアの母親、ホセの父母、そしてホセの父母に雇われシルヴィアとホセの結婚を邪魔する美少年・ラウルです。不倫や浮気、ハニートラップとそれ以上の愛が率直に描かれています。

不道徳のいたりで行うエロいシーンが満載で、特にシルヴィアを誘惑するラウルとのセックスシーンは必見です。ラストに行くに連れて緊迫したシーンもありますが、まだあどけなさの残るペネロペの激しい情事のシーンは今見ても可愛くてセクシーです。

■国:スペイン

■作品公開時期:1992年

■監督:ビガス・ルナ

■主演:ペネロペ・クルス

■amazonリンク:ハモンハモン

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング9位:ブリキの太鼓

戦時下から戦後のドイツが舞台の映画です。偶然放火犯をかくまった女性がセックスをして、子供が生まれる所から物語は始まります。生まれた子供は女の子で、やがて父親が夫か浮気相手か解らない子供を出産します。その子、オスカルは大人の醜さに耐えかねて階段から落ち3歳で成長を止め、プレゼントされたブリキの太鼓と共に生きる物語です。

少しファンタジックな部分もありますが、目を背けたくなるほど「おかしい」現実が描かれています。カップルを描いた映画では無いので、色んな俳優同士のエロいシーンが満載です。ただ、3歳に見える主人公と大人の女性のセックスシーンもあるので、好奇心旺盛な人にオススメしたい作品です。

■国:西ドイツ・ポーランド・フランス・ユーゴスラビア

■作品公開時期:1979年

■監督:フォルカー・シュレンドルフ

■主演:ダーフィト・ベンネント

■amazonリンク:ブリキの太鼓

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング10位:ラストタンゴ・イン・パリ

あるアパートの下見に来て居合わせた中年男性と、若い女性。二人はふとしたきっかけで、この空室でセックスをするようになる。互いに名前も素性も知らないままセックスに溺れて行く。ある日、男女は互いの素性を知ってしまう事で、二人の関係が崩れて行き……という、少し変わったラブストーリーです。

実は、上映当時に主演の男女2人がポルノ罪で有罪になった程の問題作なんです。今の基準で観るならば「ちょっと激しい」位かもしれませんが、当時それほど問題になったエロい映画を、自宅でじっくりと鑑賞するのもいいかもしれません。

■国:イタリア・フランス

■作品公開時期:1972年

■監督:ベルナルド・ベルトルッチ

■主演:マーロン・ブランド
   :マリア・シュナイダー

■amazonリンク:ラストタンゴ・イン・パリ

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング11位:ラスト、コーション

暗殺対象の男・イーに近付いた女スパイ・チアチー。イーは病的な猜疑心の持ち主でしたが、女スパイのチアチーに次第に関心を持つようになり、ある日強姦まがいの激しいセックスに至ります。そして、そこからチアチーは、どんどんイーに溺れていくようになります。

スパイを描いた映画ですが、チアチーの心の揺れ方や、セックスによる愛の育みが主題なのではないかと思わされました。言葉でする以上に、身体で会話するチアチーとイーの関係が、エロいんです。セックスで変わって行く女性の心情を読みとりながら観ると、より楽しめる作品だと思います!

■国:アメリカ・中国・台湾・香港

■作品公開時期:2007年

■監督:アン・リー

■主演:トニー・レオン
   :タン・ウェイ

■amazonリンク:ラストコーション

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング12位:ブルーベルベッド

田舎町で起こるある事件がきっかけで、主人公・ジェフリーは倒錯的な性の世界に目覚めていきます。SMの激しいセックスを覗き、そこから自分自身がSMにはまり、そして抜け出せなくなる。最初に起きた事件は物語の重要な描写に繋がるものの、事件そのものはあっさりと解決します。

SMセックスの激しい世界を主人公が覗き、一部始終を観る所は、自分も覗いている主人公そのもののように錯覚してしまいます。他人のセックスを……しかも、一般的だとは思えないセックスを覗いてしまう事で、魅入られてしまう。そんなエロさがこの映画にはあります。

■国:アメリカ

■作品公開時期:1986年

■監督:デイヴィッド・リンチ

■主演:カイル・マクラクラン
   :イザベラ・ロッセリーニ

■amazonリンク:ブルーベルベッド

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング13位:キリング・ミー・ソフトリー

登山家のアダムと、キャリアウーマンのアリス。2人は偶然の出会いから、即座に恋に落ちる。惹かれあってすぐにセックスをするようになり、そこから激しいシーンが何度も織り交ぜられながら、アダムとアリスを中心とした人間関係を描いています。

特に注目なのは、儀式的な初夜のシーンです。それまでも激しい情事は何度もありましたが、ちょっと異常に見えるようなセックスにアリスが陥落していく姿が本当にエロいんです。情熱的だからこそ、怖いと思いながらもそばにいて、そばにいながらも疑ってしまう……アリスの内面の女性らしさが、さらにセクシーさを引き立たせています。

■国:アメリカ・イギリス

■作品公開時期:2002年

■監督:チェン・カイコー

■主演:ヘザー・グラハム
   :ジョセフ・ファインズ

■amazonリンク:キリング・ミー・ソフトリー

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング14位:ベティ・ブルー 愛と激情の日々

感情が抑えられないベティと、自分の才能に気付かずペンキ塗りをして暮らしているゾルグの恋愛関係を描いています。ベティや他の登場人物の人間臭さなどが映画そのものの魅力ではあるのですが、サブタイトルにもある通り、愛と激情の日々の話なのでセックスシーンにも期待できる。

エロいシーンを期待している人には、特に物語前半をオススメしたい。後半になるにつれて、物語はどんどんと重たくなっていきます。高い演技力のベアトリス・ダル扮するベティの抑えきれない情事に一緒にのめり込んでみてはいかがでしょうか。

■国:フランス

■作品公開時期:1986年

■監督:ジョン=ジャック・ベネックス

■主演:ベアトリス・ダル

■amazonリンク:ベティ・ブルー/愛と激情の日々

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング15位:氷の微笑

女流作家のキャサリンと、ニック刑事を中心にした本格サスペンス。アイスピックを使った殺人事件と、キャサリンの小説の内容がリンクしながら話は進んで行きます。殺人のトリック以上に、恋愛感情を元にこじれた人間関係がハラハラさせてくれます。

この映画で特にエロいのは、取り調べ中のキャサリンがノーパンで脚を組み変えるシーンでしょう。また、物語の最後には刑事と事件関係者という間柄だった2人が深い関係になります。物語を通してキャサリンは妖しく美しく描かれている事もあり、お気に入りのシーンを見付けてみてください。

■国:アメリカ

■作品公開時期:1992年

■監督:ポール・バーホーベン

■主演:マイケル・ダグラス
   :シャロン・ストーン

■amazonリンク:氷の微笑

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング16位:ブラウン・バニー

バド・クレイはバイクレースで各地を巡業している。ニューハンプシャーでのバイクレースを終えた彼が、次の巡業地であるカリフォルニアに向かう途中、かつての恋人・デイジーの実家へ立ち寄る。そこには、既に生きているはずの無い二人の象徴である茶色い子兎がいて、動揺するバド。そして花の名前を持つ女性と関わりながら巡業地を回るバドは、最後にデイジーと暮らしていた家に辿りつく。

最後にデイジーとバドの濃厚な奉仕のシーンが、監督と鑑賞者の間でポリネシアンセックスをするような、焦らして焦らして解放される快感を与えてくれます。エロいだけではなく、ヒューマンドラマとしても楽しめる複雑なストーリーが魅力の映画です。観終わった後の充実感と、事後の様な一抹の寂しさが味わえます。

■国:アメリカ・フランス

■作品公開時期:2003年

■監督:ヴィンセント・ギャロ

■主演:ヴィンセント・ギャロ
   :クロエ・セヴィニー

■amazonリンク:ブラウン・バニー

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング17位:パフューム ある人殺しの物語

18世紀のフランスを舞台にした、香りと殺人の映画です。一見、どこに官能的な要素があるのかと首を傾げたくなるかもしれません。ですが、ラストシーンでは大勢の人間が、主人公の作りだした香りに酔いしれ、官能的で退廃的な時間を共有する、エロいシーンが盛り込まれています。

猟奇的であったり、時々は気持ち悪いと思うようなシーンも含まれますが、そのリアリティある描写がラストシーンの欲望を解放する大衆のシーンを際立たせています。主人公のジャンに感情移入して観ると、香りを嗅ぐシーンや女性の所作の艶めかしさがダイレクトに伝わってきますよ。

■国:ドイツ・フランス・スペイン

■作品公開時期:2006年

■監督:トム・ティクヴァ

■主演:ベン・ウィショー

■amazonリンク:パフューム ある人殺しの物語

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング18位:シカゴ

元々はブロードウェイのミュージカルの事もあり、歌とダンスが物語を盛り上げています。女性達のセクシーな下着姿や、セックスを意識せざるを得ない腰の振りや唇が印象的なダンスが続きます。世間知らずの人妻が夫を裏切って浮気するシーンから始まり、様々な女性、そして男性と騙し合いを繰り広げます。

ストーリーの中には出てくるのは数々のタイプの違う悪女達。セクシーで頭のいい女性が男性を翻弄し、時には女性をも騙しながら、したたかにのし上がっていくサクセスストーリーは、違う意味でもドキドキさせてくれます。エロい女性に翻弄されたい男性には、特にオススメの一本です。

■国:アメリカ

■作品公開時期:2002年

■監督:ロブ・マーシャル

■主演:レニー・ゼルウィガー
   :リチャード・ギア

■amazonリンク:シカゴ

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング19位:さくらん

蜷川実花が監督をつとめた、画面全体が華やかな作品。昔の風俗である吉原を舞台に、艶やかな女性達が身体をくねらせ、艶めかしい声をあげます。女優さんのなめらかな肌と、鮮やかな着物や内装が、観る人の欲情をかきたてる、まさに観るエロスです。

声だけでも色気が溢れる椎名林檎の歌にのせて、華やかな着物に身をくるんだ美女達が、男性へ奉仕し、欲望を煽るシーンの連続。女性の強さ、弱さを描いているので、映画の中の女性に恋をしてしまうかも。色っぽいシーンはとことんエロい、日本の女性俳優の本気が観られます!

■国:日本

■作品公開時期:2007年

■監督:蜷川実花

■主演:土屋アンナ

■amazonリンク:さくらん

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング20位:ウルフ・オブ・ウォールストリート

ディカプリオが主演という事もあって、大々的にTVCMも流れたこの作品。内容は主にサクセスストーリーなのですが、金をメインにセックスと麻薬を大きく描いています。ディカプリオの成りあがりっぷり、出来る男っぷりと、その結果得るクズのような退廃した生活が対照的です。

作中の女の子が皆可愛いので、エロいシーンの満足度は高いです。ただ、基本はコメディなので、真面目に愛し合うというようなシーンは期待できないでしょう。酒を引っ掛けながら酔っ払って観るのがちょうどいいかもしれませんが、面白い事だけは折り紙つきです。

■国:アメリカ

■作品公開時期:2013年

■監督:マーティン・スコセッシ

■主演:レオナルド・ディカプリオ

■amazonリンク:ウルフ・オブ・ウォールストリート

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング21位:愛を読む人

第二次世界大戦後を舞台に、病気をきっかけに出会った少年と、年上の美しい女性の物語です。有名な「朗読者」という小説が原作で、年下の少年が年上の女性との愛の逢瀬を重ね、そして訪れる突然の別れと、意外な再会……、と観る人を飽きさせません。

何も知らない少年が、大人の女性に導かれてセックスを重ねるシーンは、激しく愛し合う男女の色気と欲に溢れています。ケイト・ウィンスレットの美しくエロい身体を、年下の少年になったつもりで愛し尽くすのもいいかもしれません。

■国:アメリカ・ドイツ

■作品公開時期:2008年

■監督:スティーブン・ダルドリー

■主演:ケイト・ウィンスレット

■amazonリンク:愛を読むひと

エロいシーンが満載のおすすめ映画ランキング22位:愛の渦

本編は2時間程ですが、服を着ているシーンが18分30秒しかない、エロい映画としか言いようがありません。セックスがしたくてしたくてたまらない男女が、マンションの一室に集まって欲望をぶつけあいます。そんな中、主人公のニートは一人の女子大生と行為に及ぶ所から、その後までを描いた作品です。

ヒロインの門脇麦さん、最近よくみかけますが、股間は出ていないもののバストを露わに喘ぎまくります。セリフは少ないですが、印象的です。監督が役者の演技力に拘っただけあって、普通の人のセックスをこれでもかと観る事になります。セックスがしたくてたまらない人達のセックスに、思わず感化させられちゃいますよ。

■国:日本

■作品公開時期:2014年

■監督:三浦大輔

■主演:池松壮亮
   :門脇麦

■amazonリンク:愛の渦

普通のエロいシーンと、少し激しすぎるくらい激しいシーンがある映画を混ぜてご紹介してみました。ちょっと変わったものにも興味がわいちゃったかも……、そう感じたら、試しに1本、レンタルしてみてくださいね。以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

関連記事:男性必見!エロいセックスシーンが見られる映画ランキング12選

スポンサーリンク
スポンサーリンク