• ファクタリングの資金調達についての考え方

    企業の売掛債権をファクタリング会社が買取り、自己のリスクで買取るというシステムです。
    売掛金を譲渡した会社は、ノンリコースで資金を調達できます。
    売掛金を効率的に資金化できるメリットがあります。
    当然企業のキャッシュフローは改善します。


    売掛金が回収不能になるリスクも避けることができます。

    銀行から融資を得ようとすれば、経営状態が重視されます。

    ファクタリングについての情報はこちらです。

    ファクタリングは、債権譲渡で融資ではありませんから売掛先の信用が重視されますが比較的簡単に資金化できます。

    担保を提供することもありません。


    融資では、負債となりますが、ファクタリングで回収した資金は現金です。キャッシュフローは改善され効率の良い資産運用が図れます。ただし、売掛金の相手方の了承をうることは難しいと考えられます。


    今までの取引関係が需要なポイントになります。

    相手方の同意を得ない2社間ファクタリングという方法もあります。債権譲渡契約に基づいているために極めて資産売却に近い方法です。
    通常では、相手先に債権譲渡の通知は行わず、買い取り業者との間に債権回収業務委託契約を結びます。

    取引先との関係性を重視する場合に使われる手法です。

    債権という商品を売却するとイメージするとわかりやすいです。



    買取りリスク、与信状況、契約内容によって入金される評価金額が決まるとかんがえられます。

    金利という概念はありません。従って手数料を支払って入金予定日を前倒しすると考えればいいです。
    手数料や契約内容に折り合いが付けば資金調達手法が自由に選べるというメリットがあります。