• ファクタリングは企業のキャッシュフローに貢献します

    企業を経営している多くの経営者が直面する問題は資金繰りです。

    日銭商売の業種ですと毎日お金が入ってきますのであまり苦労することはありませんが、メーカーなどほかの業種の場合は仕事を終えてもお金をすぐにもらえないことは多々あります。

    そのときに銀行に頼ることもありますが、毎回頼るのも面倒ですし、信用問題に発展する不安もあります。

    そのような企業の不安を解消してくれるのがファクタリングです。


    ファクタリングとは企業が経営をするうえで資金を調達する方法の一つですが、具体的には未回収の売掛金をファクタリング会社が買い取るサービスです。


    先に説明しましたように多くの企業が仕事を終了してもすぐに入金を受けることができません。

    それを専門用語では売掛金と言いますが、その売掛金を買ってもらうサービスです。ファクタリングを利用することによって現金をすぐに手にすることができます。
    資金繰りに困っている企業にとっては助かることですが、もちろんデメリットもあります。
    それは手数料が高いことです。

    ファクタリングの最新情報を紹介します。

    具体的に説明しますと、A社がB社に一千万円の売掛金があるとき、A社はすぐにお金が必要だとします。
    そのときにA社はファクタリングを利用して一千万円の売掛金を現金化するのですが、実際は一千万円ではなく九百万円しか手にすることができません。



    百万円は手数料として支払うからです。



    このようにメリットもありますが、デメリットもありますので両方を考慮して利用することが大切です。