• ファクタリングを行う際の注意点

    • ファクタリングを行う際に最も注意すべき点としては手数料を挙げることができます。

      こちらのファクタリングの特徴を紹介するサイトです。

      確かにファクタリングは売掛債権を売却することで早期に資金調達できるという魅力があります。

      しかし専門業者に支払う手数料によっては金融機関から融資を受けた方が合理的な場合も存在します。



      売掛債権を売却する方法には3社間で行うものと2社間で行うものがあり、2社間の方が手数料が高くなります。3社間の場合の手数料は一般的に売掛債権の1%から5%ですが、2社間の場合には10%から30%の手数料が必要になります。


      3社間で契約を行う場合には債権者と売掛先、専門業者が当事者とされます。債権者は専門業者と債権譲渡契約を締結し、手数料を支払います。また債権者から売掛先への通知が行われます。
      専門業者が第三者対抗要件を具備するには確定日付ある証書で通知を行う必要がありますが、債権譲渡登記をする方法も存在します。

      2社間の場合には債権者と専門業者のみが当事者となります。

      売掛先に通知を行う必要もありません。3社間の場合には専門業者が売掛債権を回収します。



      2社間の場合には債権者が弁済を受け、さらに専門業者に支払いを行います。

      償還請求権があるファクタリングでは、売掛先が倒産した場合に債権者が最終的な責任を負います。
      一方償還請求権のないファクタリングでは売掛先倒産のリスクを専門業者が負うことになります。


      償還請求権がない方が手数料も高くなるので注意が必要です。

  • ファクタリングのわかりやすい情報

  • ファクタリングの大人の常識

  • ファクタリングのテクニック・ファクタリングをもっと知る