• ファクタリングのメリットとデメリット

    ファクタリングは、企業が事業資金を調達する一つの方法になります。
    これは、未回収の売掛金を元にお金を借りる方法になります。

    ファクタリングに有効なサイトです。

    未回収の売掛金とは、納品や商品のサービスの提供は終了したが、その後に資金が回収されていないものになります。



    一般的には次の次の月末にお金が入ってくることになりますので、最低でも一ヶ月は未回収の売掛金ができることになります。
    つまり、基本的には次の月に入ってくるお金ということになります。


    ファクタリングは、この未回収の売掛金をファクタリングの会社が買います。そして、そのお金を企業にお金を貸してくれることになります。


    これの最大のメリットはとにかく簡単に行えることになります。銀行などにお金を借りる場合は現在の企業の状態などをしっかり審査されますが、そのようなものが存在しません。

    次にキャッシュフローの正常化もされます。


    未回収の売掛金がかなり長くなる場合もありますので、その点でも大きなメリットといえるでしょう。


    また、貸借対照表のスリム化もされます。

    これによって銀行からお金が借りやすくなります。

    では、逆にデメリットはなんでしょうか。



    まずは、手数料がかかることになります。


    2社間だとかなり高額の手数料がかかることになります。

    また、当然のことながら、このファクタリングは未回収の売掛金がない限りは使うことができないものになります。

    つまり、月商以上の事業資金の借入をすることができないといえます。