• ファクタリングの仕組みについて

    ファクタリングとは企業が有する売掛債権を専門業者に売却して資金調達を行う仕組みです。

    売掛債権の買取には3社間で行うものと2社間で行うものがあります。3社間では専門業者と債権者、債務者が当事者です。
    一方2社間の場合には専門業者と債権者のみが当事者となります。

    評価の高いファクタリングについてお答えします。

    3社間で行う場合には債権者が専門業者に手数料を支払い、債権譲渡契約を締結します。


    また一般的な債権譲渡と同様に債権者から債務者への債権譲渡通知も必要です。



    2社間の場合には債権者と専門業者のみで債権譲渡契約が締結されます。



    3社間の場合も2社間の場合も手数料の支払いが必要です。
    一般的に3社間の場合には売掛債権の1%から5%が手数料とされ、2社間の場合には10%から30%が手数料になります。

    手数料によってはビジネスローンなどを活用した方が金利が安く合理的な場合も存在します。またファクタリングには償還請求権がある場合とない場合があります。
    償還請求権がある場合には売掛先が倒産した場合のリスクを債権者が負うことになるので手数料は安くて済みます。
    一方償還請求権がないと専門業者がリスクを負担するので手数料は高くなります。
    ファクタリングを行う場合には売掛先の信用力が審査されます。売掛先の信用力が高い場合には審査に通りやすく、手数料も安くなる傾向があります。

    2社間のファクタリングでは売掛先だけでなく利用者の信用力も審査対象とされます。ファクタリングは売掛債権が担保となるので、一般的なビジネスローンより審査に通りやすいという特徴を有します。